【2021年ebay輸出】バイヤー未払いのキャンセル機能が楽に!春のセラーアップデート

 

<<2021年春のセラーアップデート情報>>

「バイヤー未払いのキャンセル機能」の仕様が変更されました。

わざわざ設定する必要がなくなり、よりシンプルな機能になっています。

なにが変わったのか早速みていきましょう!

 

2021年春のセラーアップデート5つの変更点

 

  1. ebayがバイヤーに支払期日のリマインダーを自動送信
  2. 未払いを理由に注文がキャンセルになると、バイヤーはセラーにフィードバックを残せなくなる(セラー保護)
  3. 5日経過してもバイヤーから支払いがない場合、取引をキャンセルできる
  4. 取引をキャンセルする際に、商品を再出品するか選択できる
  5. 「Unpaid Item Assistant」から「Preferences for items awaiting payment」に名称変更

 

具代的にどう変更されたのか、以前と比較してみます(手動でキャンセルをする場合)

【従来のキャンセル手順】 【アップデート後】(5月以降)
①バイヤーに支払の催促メッセージを送る 必要なし(ebayがリマインダーを送信)
②ebayからInvoice(請求書)を送る 必要なし
③手動でケースをオープンする 必要なし
④手動でケースをクローズする 必要なし
⑤商品の再出品 キャンセル時に商品の自動再出品が選択可能に

セラーがすることは、期日の5日後に手動または自動で取り引きをキャンセルするだけ

今回のアップデートは、セラーが効率良く対応できるようにするためにebayが工夫してくれた印象です。

 

ebayがバイヤーに支払期日のリマインダーを自動送信

落札後2〜3日経っても支払いがない場合、セラーがバイヤーに支払い催促メッセージを送っていました(自動送信できる設定はありました)が、アップデート後はebayが落札者に支払い期日のリマインダーを送信してくれるようになります。

 

未払いを理由に注文がキャンセルになると、バイヤーはセラーにフィードバックを残せなくなる(セラー保護)

取引が未払いを理由にキャンセルになると、バイヤーはフィードバックを残せなくなります。

これは不当なネガティブ評価を防ぐための、セラー保護の一貫です。

 

5日経過してもバイヤーから支払いがない場合、取引をキャンセルできる

今までは落札後2〜3日経っても支払いがない場合、セラーはebayに申告し返金を要求(ケースオープン)しなくてはいけませんでした。

しかしアップデート後はその必要がなくなり、その代わりに手動または自動で取引をキャンセルできるようになります。

 

4月現在、この変更は一部の出品者にすでに適用されています。

適用されている場合は、注文をキャンセルする時にセラーハブまたはMy eBay Soldのオプションに「Buyer hasn’t paid(バイヤーが支払いをしていない)」と表示されるので確認してみてください。

 

取引をキャンセルする際に、商品を再出品するか選択できる

手動で取引をキャンセルする時に、商品を出品するか選択できるようになります。

キャンセル毎に再出品を選択するのが面倒な場合は、「Preferences for items awaiting payment」機能で自動再出品することもできます。

 

自動設定は「Preferences for items awaiting payment」に名称変更

自動でケースオープンができる機能「Unpaid Item Assistant」は「Preferences for items awaiting payment」という名前に変更。

しかし、設定方法は従来通りで変更後もそのまま使えます!

 

My eBayから「Site Preferences」へ進み、Selling preferences内で設定できます。

 

自動キャンセル設定の仕方

キャンセル方法はデフォルトでは手動になっているので、自動に変更するのがおすすめです!

自動にすると、細かいキャンセル機能が設定できます。

  • ケースオープンするまでの期間を定める
  • 通知メールの有無
  • キャンセル後の再出品の自動化
  • 特定のバイヤーを自動設定から除く

簡単にできるので読みながら設定してみてくださいね。

 

eBayトップページの左上にカーソルを合わせて「Account settings」をクリックします。

 

②My eBayページが開いたら「Site Preferences」へ進みます。

 

③「Preferences for items awaiting payment」の画面左端にあるEditをクリック

 

③「Unpaid Item Assistant Preferences」を開くと設定が「No thanks」になっているので、「Yes」をチェックします。

 

「Yes」にチェックを入れると、下の画像のように各種設定を行うことができます。1つずつ解説していきます。

 

1:自動ケースオープンまでの期間を設定

まず、落札/購入されてから自動でケースオープンするまでの期間を設定します。

期間は「2日、4日、8日、16日、24日、32日」から選択することができます。

画像の例では「4 days」を選択しているので「落札されてから4日間経過したときに商品代金未払いならケースを開く」という設定になります。

僕は通常のアカウントは4日、高額商品アカウントならば8日で設定しています。

 

2:自動ケースオープンに関するメール通知の設定

ケースがオープンされたとき or クローズされたときにメールで通知を受けるかを設定します。

上が「ケースオープン時」、下が「ケースクローズ時」になります。「Real-time」を選ぶとあなたのメールアドレス宛に通知が送られます。メール通知が必要ない場合は「None」を選択すればOKです。

支払いがされたらオーダー画面に表示されるので、僕は両方ともnoneに設定しています。

 

3:バイヤー未払い商品の再出品設定

 

「Unpaid item case」がクローズされたときに商品を再出品するかどうか、を設定します。「Yes」にすれば自動で再出品してくれます。

在庫数の関係等で再出品を手動で行いたい場合は「No」を選択します。

 

4:寄付金払い戻し設定

eBayでは「落札金額の〇%を寄付する」といった設定を出品時に行うことができます。

特に寄付金の設定をしていない場合はここの項目は無視しても大丈夫です。

ケースクローズ時の寄付金の返金を希望する場合は「Yes」を設定します。

関係のない場合も「Yes」を設定しておけばOKです。

 

5:自動設定を適用さえないバイヤーIDを入力

「Exclusion list」に特定のバイヤーのIDを入れておけば「自動ケースオープン」を個別に無効化することができます。

取り置きが多い常連さんや同梱希望のバイヤーがいて「Unpaid item case」の自動設定を無効にしたいときは下図のようにIDを入力します。

複数いる場合はコンマで区切って入力します。

 

設定が完了したら「Save」をクリックして保存します。

 

6:「Unpaid Item Assistant」の設定確認

設定が完了したら、設定に間違いがないかどうか念のため確認しておきます。先ほどと同じく「My eBay」→「Account Preferences」→「Site Preferences」を開き「Unpaid Item Assistant」を確認します。下図のように「Yes」になっていて、ケースオープンまでの期間が表示されていればOKです。

 

バイヤー未払いの手動取引キャンセル方法

5日経過してもバイヤーの支払いがなかった場合は、ebayからBuyer hasn’t paid(バイヤーの未払い)という理由で取引をキャンセルするよう通知が届きます。

これはSeller HubまたはMy eBay Soldから簡単に確認できます。

もしくは、Resolution Centerで未払い商品ケースをオープンすると、自動的に「Buyer hasn’t paid(バイヤーの未払い)」という理由で取引がキャンセルされるようになります。

 

Resolution Centerからキャンセルする方法

セラーハブのOrdersのタブを開き「Cases」をクリックする

 

「I haven’t received my payment yet. 」を選びContinueへ進みます。

 

【2021年ebay輸出】バイヤー未払いのキャンセル機能春のセラーアップデートまとめ

2021年春から変更されたのは以下の5点。

  • 「Unpaid Item Assistant」から「Preferences for items awaiting payment」に名称変更
  • eBayがバイヤーに支払期日のリマインダーを自動送信
  • 5日経過してもバイヤーから支払いがない場合、取引をキャンセルできる(自動キャンセル設定)
  • 取引をキャンセルする際に、商品の自動再出品を選択できる
  • 未払いを理由に注文がキャンセルになると、バイヤーはセラーにフィードバックを残せなくなる(セラー保護)

 

新機能は2点。

ー落札後ebayがバイヤーに支払期日のリマインダーを送信してくれる。

ーバイヤーはフィードバックを残せなくなり、既存のフィードバックがあれば削除される。

以前からある残りの3点は、仕様がすこし変更されています。

 

手動で操作するのは時間がかかるので僕は自動設定をおすすめします。

しかし、バイヤーが常連さんばかりで毎回同梱を希望される場合などは連絡に時間がかかるので手動設定にしておいたほうが安心ですね。

自動か手動かは販売スタイルに合わせて設定しましょう。

 

未払いを完全に防ぎたい!という方はebay支払いポリシー(Payment policy)で即商品代金を支払わないと購入できないようにする設定があります。

設定方法はこちらの記事で解説しています↓

【ebay輸出】ビジネスポリシーの設定方法と有効化

ただし、後から支払うからとりあえず購入したいというバイヤーもいるのでおススメはしません。どうしても未払いをして欲しくないという方向けです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

ebay無在庫輸出で楽に稼ぐ方法を無料で公開中!! 
 登録は下の緑ボタンからしてください。