【ebay輸出】ビジネスポリシーの設定方法と有効化

ebay輸出で売り上げを伸ばしていくためには出品作業を避けては通れません。

ただ出品するたびに細かい設定を毎回行うことは効率が良くありませんので、今回紹介するebayのビジネスポリシーという機能を利用して効率よく出品作業を行っていきましょう。

ebayビジネスポリシーの設定 3つのポリシーとは?

ビジネスポリシーとは出品の際に設定するルールのテンプレート。

いくつか設定しておけば、面倒な送料設定を毎回行わずにスムーズに出品することができます。

 

ビジネスポリシーには以下の3つがあります。

・支払いの受け取り方法 Payment policy

・返品の条件 Return policy

・送料の設定 Shipping policy

これらの設定方法をこれから解説していきます。

 

ビジネスポリシーがない?!有効化する方法

ビジネスポリシーを利用するために最初に有効化する必要があります。

まだ有効化されていない場合は有効化設定を行ってください。

↓下記をクリック↓
ebayビジネスポリシー

クリックすると下記画面になりますのでopt inをクリックします。

次に表示された画面でTry nowをクリックします。

 

これでビジネスポリシーが有効化されました。

 

ビジネスポリシーの選択方法

「create policy」をクリックします。

以下のように

「payment」

「Return」

「Shipping」

の3つの項目が出てくるので、設定をするポリシーを選択してください。

 

Payment policy 支払いの受け取り方法 

まずは支払いを受け取る方法の設定です。

PayPalのアカウントとebayのアカウントを紐づけ設定するだけなのでとっても簡単です!

ebayとpaypalのリンク付け(紐付け)をまだされていない場合は「Create」をクリックして設定を開始します。

Paypalなど簡単なPolicy nameでOKです。

 

Shipping policy 送料の設定

送料の設定は発送先の国や商品の重量によって料金が変わるので、ちょっと設定に手間がかかりますが始めにテンプレートを作っておけば後々楽になります!

通常時は日本からの発送方法は下記を利用する方が多いかと思います。

· EMS(国際スピード郵便)

· eパケット

· eパケットライト

· SAL便

 

トラブルを避けるためにエコノミー注文またはスタンダード注文はeパケットライトで

お急ぎ便(Expedited)で注文されたらEMSで送るといいかと思います。

 

ポリシー名はShipping Worldwide $30など簡単なPolicy nameでOKです。

✽デフォルトの配送ポリシーとして設定にする場合はSet as default shipping policyにチェックを入れる。

shippingの種類

・Domestic shipping(アメリカ向けの配送)

・International shipping(アメリカ以外の配送)

アメリカ向けの配送設定は1つしかありませんが、アメリカ以外の発送は料金表を見てわかるように国ごとに送料が全然違います。似たような送料のグループを作って必要な数だけInternational shippingを設定しましょう。

 

アメリカ向けの送料設定

おすすめなのが「送料込みの価格設定+エコノミー配送またはスタンダード配送(送料無料)」の設定です。

商品価格に送料を含んだ状態で販売することで送料設定を「Free Shipping(送料無料)」にでき管理が楽になります。

アメリカ以外の送料設定

アメリカの料金表と見比べて多い分を追加で上乗せして設定しておくといいですね。

例 ヨーロッパはアメリカの送料と比べて最大$30多い場合はヨーロッパからの注文は$30に設定し、お急ぎ便は$40という風に設定します。

エコノミーシッピングでSAL便を使うのかどうかというのは戦略によりますがSAL便の書留なしは追跡もできず届くのに3か月かかるようなこともあるので、トラブル率が非常に多くなりますし慣れているセラー以外の利用はお勧めしません。

実際に売れたら日本郵便の「eパケット」か「eパケットライト」を利用して発送するのをお勧めします。商品にもよりますが軽くて安いものは航空便で送ると送料をおさえることができます。

ハンドリングタイム(Handling time)

無在庫販売であれば5日か10日

在庫がある場合は1日~3日で選択します。

発送除外国の設定方法

発送除外国の設定方法は、Shipping policyの設定画面の一番下にあるCreate exclusion listを選択します。

クリック後下記のような画面になるので、発送を除外したい国にチェックを入れて登録後にApplyをクリックすれば完了になります。

 

Shipping policyのまとめ

最初は配送方法

アメリカ向け eパケットライト

アメリカ以外 eパケット

がおススメ!!

 

Return policy

バイヤーが商品を受け取ってから、◯◯日まで返品可能か設定していきます。

・返品不可

・14日以内

・30日以内

・60日以内

このいずれかを選択します。

また返品の際の送料を、セラーかバイヤーどちらが負担するか選択する事もできます。

 

「Create」をクリックして設定します。

Return fee buyer 30daysなど簡単なPolicy nameでOKです。

 

バイヤーが商品を受け取ってから返品するまでの期間を30日か60日で設定します。

また、送料の負担を「Seller」にすると検索上位になりやすいです。

最初は下記設定で問題ありません。

返品は商品お届けから30日まで受け付けますが返品は基本バイヤー負担でお願いします。

セラーのミスの場合はセラーが返送料を負担します。

といった内容になります。

ビジネスポリシーのまとめ

ビジネスポリシーを設定しておくと出品商品ごとに設定を変更しなくても一括で設定変更できるようになります。出品も楽になりますしあとから設定を変更したいときも楽になるのでぜひ活用してみてください。

 

 

 

ebay無在庫輸出で楽に稼ぐ方法を無料で公開中!! 
 登録は下の緑ボタンからしてください。