ebayの消費税還付手続きは仕入れ代金だけではない

今回はebayの消費税還付についてまとめました。

輸出ビジネスを行っていると消費税を納めるのではなく

支払った消費税を還付(返してもらえる)してもらうことができます。

 

仕入れ代金に消費税が加算されている場合は

消費税を還付してもらえることは知っている方が多いと思いますが

実はAmazonやebayでは

販売したときに発生する販売手数料にも消費税が加算されています。

 

輸出ビジネスを行う際の消費税還付対象

・商品の仕入れ代金に対する消費税

・事業に必要な経費

・海外事業者に支払った販売手数料等に加算されている消費税

(Amazonやebayに支払った販売手数料等)

 

それでは詳しく見ていきましょう。

 

商品の仕入れ代金に対する消費税

例えば

10800円で仕入れた商品を$150で販売したとします。

 

日本国内で商品を販売する場合は

自分が販売した時の金額に消費税が加算されるので

消費税を返してもらうのではなく消費税を納めるのですが

海外に販売した場合は販売する時の消費税は納める必要がないので

10800円の商品の

消費税分800円を還付してもらうことができます。

 

事業に必要な経費

これは商品を海外に送るために梱包したり

発送したりする必要がありますよね?

それだけではありませんがこういった作業を行うために

必要な経費の消費税を還付してもらうことができます。

 

海外事業者に支払った販売手数料等に加算されている消費税

これが結構わかりづらいです。

AmazonはTAX INVOICEを送ってくれるのでわかりやすいですが

ebayにはこういったものがないのでわかりづらいです。

 

まずebayにはどのような手数料があるのか確認してみましょう。

 

・Final value fee

・Final Value Fee on Shipping

・Insertion Fee

・Store: Subscription Fee

 

基本的にこれら4種類の手数料があります。

Final value fee

これは落札手数料です。

出品するだけではこの手数料はとられませんが

落札されると落札手数料が発生します。

 

これには日本の消費税が加算されていて

例えば販売手数料が10%の商品を販売し

$100で販売したとします。

$10の販売手数料なのですが

さらに

$10×8%(日本の消費税)=$0.8

が加算されて$10.8の販売手数料が徴収されます。

 

Final Value Fee on Shipping

これは送料に対する手数料です。

送料に対しても手数料が加算されていますが

そこにさらに日本の消費税が加算されています。

例えば

お客様から$10の送料をもらった場合に

手数料が$0.99徴収されたとします。

しかし本来の手数料は$0.92で

$0.07の消費税が加算されています。

答え合わせをしてみると

0.92×1.08=0.99

ということで$0.07の消費税を徴収されていることになります。

 

Insertion Fee

これは出品すると発生する手数料で消費税は加算されていません。

 

Store: Subscription Fee

これはebayのストア契約をしていると発生する手数料で

これも消費税は加算されていません。

 

消費税が加算されている手数料のまとめ

・Final value fee

・Final Value Fee on Shipping

には消費税が加算されているので消費税還付の対象です。

 

輸出免税(消費税還付)を受けるためには?

・課税事業者になる

・帳簿又は書類の保管

・輸出許可書(商品が20万円を超える場合)

 

これらが必須です。

正しい手続きを行い消費税還付をしてもらいましょう。

 

 

僕がこの記事を書いたきっかけは

検索してもebayの販売手数料に対する消費税のことが

よくわからなかったからです。

 

ebayには何度も何度も問い合わせをして

納得がいく答えがしっかりと聞けるまで

諦めずに聞きました。

曖昧な回答や見当違いな回答をされて正直心が折れそうになりましたが

しっかりとやるべきことをやろうと思い最後までやりました。

 

この記事があなたのお役に立てたら幸いです。

 

 

  まるでコンサルティングのような
  無料メール講座の登録はこちらです。