輸出で便利!!国際郵便の配送ラベルを簡単に作る方法

Amazon輸出やebay輸出で無在庫販売を行っていると

どうしても作業が多くなって忙しくなりがちです。

 

でも作業を簡単に行えるようにさえしておけば

今まで1時間かかっていた作業が10分でできたりするから

作業の効率化は絶対に必要です。

 

スタッフや外注に作業してもらうにしても

かなり有効なんですが

アルバイトだとわかりやすいんで例として考えてみましょう。

4時間かけて行っていた作業を1時間でできるようになると

 

時給1000円として

日給が3000円節約できて20日出勤させたとしたら

3000×20=60000

60000万円の節約でアルバイトが3人いたら

60000×3=月に180000円の節約になります。

 

これって大きいですよね!!

じゃあ業務をたくさんこなせるようになったから

もっとたくさん販売しちゃおうってことも可能です。

 

人を増やさなくても多くの注文がさばけるということは

作業場が広くなくてもいけちゃうってことですし

効率化することはかなりのコストダウンにつながります。

SALや航空便の書留なし

最初はお客様の住所を

エクセルにコピペして印刷したものを

ダンボールに貼り付ければいいと思います。

シールに印刷すると楽です。

荷物が多くなってきたら

テンプレートを作っておき

お客様の住所をコピペして

ラベルプリンターで印刷すると楽でいいと思います。

国際郵便の配送ラベルを作る方法

手書き

これは郵便局で配送ラベルをもらって手で書く方法です。

めんどくさいのでこれはダメです。

国際郵便マイページで手入力

これはコピペできるので手書きよりもずいぶん楽ですが

やっぱり面倒です。

国際郵便マイページでCSV

CSVでデータを一括登録できるのですがオーダー管理のシステムなんかと連携させれば

配送ラベルを作る手間がかなりなくなります。

これは一般向けと

申し込みが必要なバージョンと2通りありますが

申し込みしたバージョンの方がラベル枚数が減って楽になります。

インストールタイプの配送ラベル作成ソフト

これは郵便局に申請して申請が通れば自分のパソコンにデータをインストールしてくれて

なんとサインレスで配送ラベルが作れるというなかなかいいシステムです。

ただ少し癖があるシステムだなと僕は感じています。

郵便局からAPIの提供を受ける

郵便局から様々なデータをやり取りして自社オリジナル配送ラベル作成システムを構築できる

サービスですがこれはサインレスではありません。残念!!

郵便局からシステム開発権限をもらう

これはゼロからすべてを自社で開発して郵便局とデータを連動させるサービスで

サインレスだしいいじゃんと思ったのですが

eパケットが使えません。残念!!

 

 

じゃあ結局何がいいんだ?という話になりますが

国際郵便マイページでCSVが費用対効果が一番いい!!

これはお金もそれほど使わずにできますし

エクセルとかを自分で加工して変換ソフトを作ってもいいです。

本当に作業が楽になるのでこれがいいと思います。

 

CSVデータのエラー

ただCSVデータを取り扱うとエラーが起きたときに

慣れていないと

え???

どうすればいいの?

とパニックになりそうになる時があります。

とくに時間がなくてあせっているときなんか

泣きたくなりますね。

 

でも郵便局のサイトにしっかりと

どこのデータが間違ってますよ!!

と赤字で表示されるので落ち着いてエラーを見て修正しましょう。

 

ただ郵便局のシステムの指摘が間違っているときもありますが・・・

その時は血眼になってCSVデータとにらめっこしてくださいm(__)m

 

効率化されたAmazon輸出の作業例

商品が作業場に届きます。

検品しながらバーコードスキャンします。

配送ラベルが自動で出力されます。

(重さのデータは梱包後に入力)

配送ラベル一括出力

発送

 

こんな感じになります。

配送ラベルを手書きしていたり

梱包の方法がうまくなかったりすると

気合入れて働いて1日に30個ぐらいのオーダーうけるのが限界だと思います。

 

あとは手書きの配送ラベルを手書きしない方法として

ドットプリンター

なんていうのもあります。

手書きよりかはずいぶんと楽です。

 

ドットプリンターは複写式の紙でも使えるプリンターで

手書きラベルを使って印刷できる唯一のプリンターだと思います。

 

使い方としては

お客様の住所をエクセルに張り付けて

自動で配送ラベルの位置に合うようにしておき

印刷したら手書きをしなくてもいい!!

 

という使い方ですね。

サインを筆記体などにする

配送件数が増えてくるとどうしても手間のかかるのがサインです。

サインレスシステムを使える方はいいのですが

そうでない方は筆記体で名前を書けるようになっておくといいですよね!!

もはや何が書いてあるのかわからない・・・

レベルでもサインはそれで問題ありませんので

とにかく早く書ける方法をマスターしておくと時短になります。

 

サインを名前スタンプにするのはいいの?

これは基本的にはダメです。

ルール上NGですからね。。。

どうしても試してみたい方は怒られるのを覚悟の上やってみてください。

 

僕は保証しませんよー

 

eパケットとかSAL書留は配送ラベル手書きでもそれほど面倒ではないのですが

究極に面倒なのがEMS

インボイスが面倒すぎる

色々と細かいことを書かなくてはいけないので

インボイスを手書きとか本当に時間の無駄です。

しかもカナダとかインボイス1枚じゃない・・・

とても面倒です。

 

でも国際郵便マイページサービスなら自動でインボイスが作成されて

出力できるのでこれは便利です。

 

高額商品は通関委任状が必要

商品が20万円以上の物であれば通関委任状が必要です。

でも安心してください。

国際郵便マイページサービスを使えばそれも自動で出力させることができます。

 

国際郵便マイページサービスは輸出ビジネスの味方

色々と書きましたが

面倒な書類関係が自動で作成される国際郵便マイページサービスの利用は

かなり作業効率をあげます。

マイページを使い慣れたらCSVデータの取り扱いにチャレンジするとさらに

楽になるのでぜひやってみてください。

 

 

そういえば

とうとう昨日、燻製機が始動しました!!

スモークのことはよくわからないので

Amazonで一番売れていたさくらチップという木のくずを買って

試してみたんですが・・・

 

 

うまい!!

うますぎる!!

 

チーズとウインナーをスモークにしたらうますぎて

ビールが一瞬でなくなりましたwww

 

なんとなくポテトチップスも試したんですけど

 

 

うますぎたwww

 

ただ~くさい!!

とにかくくさい!!!!

 

外でやって外で食べて外で洗って

箱にしまうみたいにしないとくさいです(´・ω・`)

 

ではではー

  まるでコンサルティングのような
  無料メール講座の登録はこちらです。