脱Amazon!?輸出入ビジネスをグレーゾーンからクリーン化

Amazonでビジネスするのは稼げるからいいけど

グレーゾーンでビジネスを続けていくのは不安だ・・・

 

Amazonは現状転売を嫌がっているようですし

いつか辞めなければいけない時がくるような気がします。

 

そしてAmazon以外の販路も少しづつ規制が厳しくなっていくのではないのかなと思います。

例えばebayなんかはAmazonに比べると続けやすいプラットフォームです。

 

僕はこの先どうしていくべきか悩みました。

 

正規ルートで商品を仕入れて販売したり

オリジナル商品を開発しようかな~

と色々考えました。

 

でも転売というスタイルは

やっぱり稼ぎやすいんですよ。

いっきに利益を伸ばすこともできるし急成長できる場だと思います。

言ってみればおいしいというやつですね(笑)

転売以外のビジネス

・中国輸入OEM

・正規品をメーカー仕入れ

・自社製品開発

・輸入正規代理店

中国輸入OEM

例えば中国輸入は自社製品開発で

オリジナル商品を作りましょう!!という流れはいいと思うのですが

法律的にアウトなものを販売している方が多いです。

例えばアパレル関係の商材を洗濯表示しないでガンガン販売しているとか。

そういういうグレーではない方法で取り組むのはいいと思います。

在庫を持つのですから販売停止は避けたいですし

不良在庫を抱えるなんて

絶対に避けたいですからね!!

国内正規品をメーカー仕入れ

これは利益の出る商品や

売れている商品はほとんどの場合がAmazonが販売しているので

太刀打ちできません。

じゃあどうするかというと

売れていないメーカーで良い商品を見つけ

公告宣伝費をかけて商品が売れるようにしていきます。

自社製品開発

自社製品開発はオリジナルの商品を開発するわけですが

作りたいものの構想を練って

どこまでクオリティを求めるのか?

どこで作るのが一番都合がいいのかを考え

商品をブランディングしていきます。

日本で作るとコストが高くつきますし

中国はよくない工場に依頼するとクオリティが・・・

となるので焦らずにいい工場を探すところから始めるのがいいともいます。

輸入正規代理店

国内正規品をメーカー仕入れに似ていますが

これは最初からうまくいくようにすることができます。

海外で人気の商品で日本で未発売のものはたくさんありますし

並行輸入品で日本で売れているけど正規代理店がいない商品は特にチャンスです。

ただそういった商品はみんな狙っているので

お金がある人の方が有利だったりすることが多いです。

 

まとめ

転売が一番スピード感あるし稼げます。

ただある程度うまくいったら他のビジネススタイルを取り入れることは

いいことですし

転売を行いつつ土台の硬いビジネスを時間をかけて

構築するのがスムーズだと思います。

  まるでコンサルティングのような
  無料メール講座の登録はこちらです。